人体の動きを理解すればカラダの痛み、ケガを防げる!!
ホーム > 人体の動きを理解すればカラダの痛み、ケガを防げる!!

人体の動きを理解すればカラダの痛み、ケガを防げる!!

こんにちは。

先日テレビでイチロー選手のインタビューを見ていて
やっぱり一流の選手は、スゴイと思ったことがありました。
すごく興味ある発言をしていたのでメモをしてしまいました 🙂 

皆様にも少しお体の参考になればと思い読んでいただければ幸いです。
テレビでもう見た方、あまり野球に興味がない方には、面白くないかもしらませんが・・・。

イチロー選手は、プロとして長年プレーしてきて大きなケガもなく
数々の好成績をおさめているのは皆さんもご存じだと思います。

無題












インタビューでも言っていたように『人体の動きを理解すればケガは防げる』


イチロー選手は、投げる、打つだけの技術だけではなく、ケガをしないように『人体の動きを理解してプレーしている』ことが、ケガをしない動きと技術向上につながり、長年プレーできていると改めて感じました。

インタビューの中で

キャッチボール(遠投)をする際は、右投げの人であれば左肩は平行に保つ。

平行を保たなければフォームにクセがつき・・・肩に負担がかかりケガをするから。

ちなみに遠投とピッチャーでは、使う筋肉が違う。
だから近くで全力、遠くに投げる時も全力で投げる両方をやった方が良いとコメントしていました。

これは、昨年メジャーでピッチャーで投げてカラダで感じたみたいです。

例え話で言っていた言葉も説得力があります。

『肩に力が入っていると言われても肩だけ力を抜いても無理。』

『ヒザの力を抜くと、肩の力も抜ける。』

無駄な力が入っていては『関節、筋肉』にスムーズに力を伝えることはできませんよね。

バッターボックスでチャンスの時は『ヒザの力を抜いて行こう!!』

と声かけてあげれば良い結果がでるかもですよ!! 🙂 

またインタビューで一番印象に残ったことは、

『骨盤の動き、肩甲骨の動きが大事』と言っていたことです。

それは、『力を下から上に伝えるからだと。』

ただここで・・・股関節が開いちゃうとダメと言っていました。

これは、私が思うにおそらく股関節が開くと『力が逃げて(抜けて)しまうからですね。』

投げる時も・・・打つ時も「股関節が早く開いてしまうと力を発揮できない」

頭では分かってはいてもいざやってみると難しいテクニックですね。


当院でも治療をする際には、『骨盤、肩甲骨』は必ずチェックする一番大切にしているポイントです!

腰痛、股関節、ひざ痛の方は・・・『骨盤』を良く診ています。


体重(荷重)が両足にかかりやすい状態か?
(あお向けで寝て両ひざが真っすぐ伸びているか?)







もし『ひざが浮いて』いたら問題です!

骨盤の左右、前後の傾きのバランスは良いか?
無題












あお向けで寝た時に足首が外側に倒れていないか?
無題











イチロー選手は、『股関節が開くと』と言っていましたが、『骨盤が開くと』上記のような状態になり
下(下半身)から上(上半身)に力がうまく伝えることができません。
このような状態が、長く続くと『腰痛、股関節痛、ひざ痛』を引き起こす原因になります。

スポーツは、どの競技もカラダを強く捻り骨格のバランスを崩しやすくなるので
当院では、スポーツをやっている患者様の『骨盤チェックは重要視しています。』


骨盤のバランス(開き)を整えて、常に『関節、筋肉』に力が伝わりやすい、力を発揮しやすい
コンディションに調整しています。

最後に、皆様に伝えたいことは、『日常生活=姿勢、スポーツ=フォーム』
が悪いと骨格のバランスが悪くなり『関節や筋肉』に問題が起きてくるということを
再認識していただければ幸いです。

私も治療家の立場としても皆様に『人体の構造や動き』を分かりやすくお伝えしな
がら日々の
『治療+α』痛みやケガをしない為、カラダの使い方やリハビリもアドバイスしています!


本日も長い文章になりなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

『イチロー選手から学ぶ第二弾のお話は、また次回させていただきます。』

もし”今”カラダで痛いところがあれば・・・
痛い場所はなぜ痛くなったのでしょうか?
一度考えてみて下さい。
痛くなった場所は『結果』です。
痛い場所をその場しのぎでマッサージするだけでは『根本的な原因』の解決にはなりません。
その場所が、痛くなった原因は『他のどこかの関節・筋肉にあるのではないでしょうか。』

当院では『根本となる痛みの引き金となるポイントを診せていただき治療いたします。』

『どこへ行っても治療法が同じで治らない・・・ツライ方は是非一度お越しください。』

関節が歪んだり、筋肉が硬くなるのを予防する⇒メンテナンス治療やっています!
詳しくは下記をクリック

http://kitakata-sekkotsuin.com/3862


野球肩、野球肘専門治療は、
下記をクリック
http://kitakata-sekkotsuin.com/%e9%87%8e%e7%90%83%e8%82%98%e3%83%bb%e9%87%8e%e7%90%83%e8%82%a9%e5%b0%82%e9%96%80%e6%b2%bb%e7%99%82

メディア紹介

ドラフト2015&輝け甲子園の星ここをクリック

元ジャイアンツ・ベイスターズ駒田さん対談記事はココをクリック














〒272-0815

千葉県市川市北方2-34-10

TEL 047-332-5821

本八幡、下総中山、船橋法典、鬼越駅近く。

松戸市、船橋市、浦安市、鎌ヶ谷市、習志野市、白井市、千葉市、柏市

八千代市、市原市、成田市、茨城県、江戸川区、遠方からも多数来院。












 

 



北方はりきゅう接骨院かんたん予約

過去の記事

過去の記事