脊柱管狭窄症とは・・・
ホーム > 脊柱管狭窄症とは・・・

脊柱管狭窄症とは・・・

こんにちは。

今回は簡単に腰痛の1つ脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)についてお話させていただきます。



脊柱管狭窄症とは・・・

腰の骨が骨棘(骨が変形してトゲ)のようになり椎間板(クッション)が膨れ上がり椎間関節(ついかんかんせつ)が容積が増し黄色靱帯(おうしょくじんたい)が厚くなってしまい脊柱管や神経のトンネルが狭くなりしびれ、痛みがでることを言います。

神経組織を圧迫されて坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)が起こります。




<特徴>

高齢者に多い腰痛。

・歩行と休憩を繰り返す「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」が特徴です。長い距離を歩くことが困難。
座って腰を丸くして休憩させると下肢の痛みが軽減して歩行が再開できる。

・下肢にしびれと痛みがでる。

運動器ステージ分類

脊柱管狭窄症はステージⅤに該当します。

ちなみに急性の腰痛(ぎっくり腰)はレントゲンでは見えない腰痛と言われていて
Ⅰ~Ⅲに該当します。

整形外科でレントゲンを撮ると腰椎(腰骨)が変形しているため画像上で分かります。



※下肢筋力低下や膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)がある場合は手術になるケースが高いです。

☆膀胱直腸障害・・・

膀胱障害として尿失禁、残尿、尿路感染。

直腸障害としては便失禁、便秘、頻便。


当院が行う脊柱管狭窄症に対する施術法

1:腰周囲(背中、腰、お尻、股関節)の筋肉を和らげる!

筋肉専用ローラーで硬化した筋肉をみるみる和らげて行きます。

筋肉専用ローラーは筋肉を包む膜(筋膜)を整えてほぐしていくためマッサージと違い揉み返しなくみるみる筋肉を和らげることが可能です!



筋膜が和らぐと筋肉が滑るように動くようになり腰のつっぱり感、重だるさが軽減します。

2:腰骨(腰椎)を整える

背骨専用矯正器具を使用して胸椎~腰にかけて配列(アライメント)を整えます。



アライメント矯正が重要!!

背骨はアルはベットのS字上に配列しています。


ポイント1

歳と共に姿勢が丸くなると筋肉が硬くなり関節の可動域(動かせる範囲)も狭くなりS字上が保たれなくなり最終的に背骨が変形します。
そして背骨の連動性、背骨の土台となる骨盤の連動性が悪くなります。
体を曲げる、反る、骨盤の前傾、後傾と言った動作です。


ポイント2

背骨は3点支持で保たれています。

1点は椎間板(クッション)

2・3点は左右の椎間関節





※赤丸が椎間関節。

姿勢が悪くなると3点支持機構に問題が起こり変形、痛みが起こる。

背骨専用矯正器具の特徴

1:部分矯正でなく背骨1つ1つを整えることが可能!

3点支持の椎間板へのストレスを解消、椎間関節のストレスを解消。

椎間板ストレスが軽減することで前屈動作が楽になる。

椎間関節のストレスが軽減することで後屈(反る)動作が楽になる。

だから矯正後はスムーズに動きやすくなる!

2:背骨を支えてくれる姿勢筋の筋緊張を和らげる!
背骨1つ1つを矯正することで背骨(腰を安定させてくれる天然のコルセット多裂筋(たれつきん)の硬化を和らげる。

まとめると背骨を整えることは脊柱管のストレスを軽減させることができるのです!!


ポイント3

痛みに即効性レーザー施術

通常のレーザー治療器は単発照射だが当院のレーザーは1回に60秒間連続照射ができる
ので痛みの施術に優れています。

 

1:炎症をひかせる
2:痛めている組織の回復を早める
3:神経の働きを正常にする。

整形外科では、注射を行いますが当院では”無痛のレーザー治療”で対応しております。





脊柱管狭窄症を楽にするためには施術も大事ですがそれ以上に運動療法は必要不可欠です!!

脊柱管を拡大させるためには”骨盤を後傾・腰椎を後弯”させたエクササイズが求められます!

そのため骨盤を後傾作用があり腰を安定させてくれる天然のコルセット腹筋の”腹横筋”の姿勢保持筋の強化も必要です!



施術のお手伝いは私に任せて下さい!!
しかし運動は患者様自身が行わないといけません。

当院では、施術・自宅でできるエクササイズなどを親切・丁寧に分かりやすくアドバイスさせていただきます。

健康で元気に動かせる体作りを強い意志を持ち一緒に頑張りましょう!!

脊柱管狭窄症でお困りの方は一人で悩まず是非一度お越し下さい!!


腰痛患者様にも体が楽になると好評の運動マシン!!

・姿勢改善!

・筋肉・関節の動きが良くなります!

当院では、3つのマシンで歳と共に硬くなり動きづらくなりやすい場所「股関節」「骨盤」「背骨」「肩甲骨」を気持ちよく動かして肩こり・腰痛・股関節痛・ひざ痛、姿勢改善運動ができます 🙂 







詳しくはコチラをクリック!!



北方はりきゅう接骨院かんたん予約

過去の記事

過去の記事